エルベ ヴェルケ ニュース

エアガン&モデルガンのカスタムと製造販売・第二次世界大戦マイナー軍服・軍装品の製造販売

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電動M1ガーランド進行状況

台湾のICS社から電動M1ガーランドが発売されましたが、弊社は弊社のコダワリを持って淡々と進めます。
(ご存知の通りICSさんのガーランドは戦後型ですので。)

m1_01_201309011954485ee.jpg

現在は↓の部分の再現を行っています。
M1バレル
ご存知無い方も大勢いらっしゃると思いますので解説を。

M1ガーランドの銃身には溝が3本切られており、上記写真のガスチューブ上フロントサイトの下、銃身が通る穴にある3本の突起が銃身の溝に噛み合う構造になっているのです。
これは戦中も戦後も関係ない、ガーランドの特徴の一つです。
(これを再現したエアガン、モデルガンは存在しません。)

弊社は「おもちゃ」ではなく、エアガンという枠の中で「実銃のレプリカ」を目指しています。
結果として、この異常なコダワリが発売の大幅な遅れを招いているのも事実ですが、作るならば良い物を作りたいのです。

戦後型を資料にし、ディティールを簡略化し、ストックの材質や表面処理の品質を落とせば、より早期に安価なガーランドが作れるでしょう。
しかし、それが果たして「ガーランド」と呼べるのか?
「ガーランド」の様な形の何かになってしまわないか?
品質を落とす事は考えられません。

「ICSのガーランドをWWⅡ仕様に改造して欲しい。」
そんな要望を何件か頂きましたが、それは困難です。
ICS社のガーランドは戦後型の特徴的部分を完璧に再現しており、よく目立つ(周知されている)リアサイトの交換程度では済まない点が多過ぎる為です。

ですから戦後型でも満足出来る方はICSさんの製品を、第2次世界大戦型でなければ嫌な方は弊社の製品を、好きな方をご選択頂ければと思います。


最後にこのブログでの過去の電動ガーランド関連記事を検索出来るように「電動ガーランド」カテゴリを設けました。
右の「ブログ内検索」に「電動ガーランド」と入力すれば過去の記事が表示されますので、ご覧頂ければ幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エアガン、トイガン、サバイバルゲーム、ミリタリー - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://flitzwerke.blog39.fc2.com/tb.php/467-3a91999a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

まとめ

プロフィール

Flitz

Author:Flitz
ELBE WERKE MASTER

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。